BMW5シリーズ

今日は知り合いの板金塗装工場様からBMW5シリーズの警告灯の消去をお願いされました.

お話によるとバッテリが上がっただけでエアバックの警告灯とアクティブステアリングの警告灯がついてしまったとのこと

よくあるんですよね~外車だと....困ったものです

とりあえず当社にあるランチテックという(すいません写真を撮り忘れました)

故障診断機(ほぼ40万もしたんですよーーーー)で診てみました...

いつもはすんなり入れないですが,今日は機嫌がいいのかすぐにクルマのコンピュータの中に入れました

とりあえずエアバックは消去できましたが,アクティブステアリングが消えない...

BMWは非常に多くのコンピュータで管理しているようで,すべて消去してみても消えません

(またか!!)と思い

とりあえず知り合いの整備工場の方に連絡をすると

「ハンドルを右と左に思いっきりきってみてどうですかね??」とのこと

システムインフォーメーションではハンドルのゼロ点が設定されていないというエラーが出ているので,なるほどと思いやってみましたが,消えない...

困った時の試運転だと思って50mほど走っていただくと,

「消えました!!ハンドルも軽くなりました!」

と...

ほんとよかったです!!

前回はコンピュータに入れず,消去できなかったので喜びもひとしおでした!

先程述べたとおり当店は国産車や一部外車のコンピュータに入れるように,診断機を用意してあります..

診断料はかかってしまいますが,もしお困りの方がいらっしゃいましたら,是非ご利用ください.精一杯情報網を駆使して対処いたします!!

これからはクルマも走るコンピュータです.診断機は必須ですね...頑張ります!!

関連記事