久しぶりの登場です!

ご無沙汰しております!もてなし店長です..

最近は代打あるいは代打の代打にばかり任せておいて,まったく書いておりませんでしたね..
申し訳ありません..
今日は先日非常に苦労をした修理事例を紹介します!
車はホンダのステップワゴン RF3
高速道路でエンジンが止まったということでご入庫です..
エンジンチェックランプがついていたので調べるとTDCセンサパルスなしと出ておりました
エンジンをかけると非常にアイドル回転が不安定な状態で,またエンジンも吹き上がらない状態です..
img_8520-thumb-500x375-670
ステップワゴンではよくあるのでとりあえずTDCセンサを交換しました..
エンジンの吹き上がりは解消されましたが,まだアイドル回転は不安定です..
その後試運転中にエンジンが再度とまり,またチェックランプがついたので調べると
VTC位相ずれとでました..
%e5%86%99%e7%9c%9f%2012
この車可変バルブタイミングを採用しており,それの不具合か何かの信号です..
エンジンオイルがまったく入っていなかったことを思い出し,とりあえずVTCバルブを外してみました
するとバルブが固く動きが悪くなっておりました..
またオイルのスラッジが固まっていたので,掃除をさせていただきました..
%e5%86%99%e7%9c%9f%2013
それ以降エンジンが走行中にとまることはありませんでしたが,かけ始めの回転の不安定さは直りませんでした..
10秒ぐらいは不安定が続き,それを超えると調子がよくなります..時々エンジンが止まってしまうこともありました..
何がなんだかわからず,エンジンオイルがなかったことから,少しエンジンのカバーを外してみると,4番のカムシャフトが少し摩耗していました..
20万キロ以上走っていて,オイルが無かったことを考えると少し焼きつき気味なのかもしれません..
これ以上ばらすと非常に費用がかかるので,お客様に相談し,少し様子を見ていただくとにしました..
エンジンオイルは人間の血液と一緒です..交換しなかったりオイルが少ない状態で走行すると,スラッジができ,エンジンに異常をきたすことになります.
定期的な交換と,オイル漏れがある場合には修理をお勧めします..当店にはお得なボトルキープ
もございます!!
今回は決定的な原因が分からず残念です..

関連記事