こんなことも((+_+))

今日のブログは新人のNKがお送りします。

さて皆さんお車のメンテナンスはしてますか?

車がいつまでも綺麗で調子がずっといいまま

なんて事はありませんよね?

もちろん定期的に行うオイル交換や点検にも

ちゃんと意味があるんです!

今日は千秋橋店でガソリンのタンクを外して

中を見た所

なんと

錆びていました

じゃあなんでそのようなことになってしまうかというと

燃料タンク内に水が混入するためです。

しかし、ガソリンを入れるための燃料タンクに

どうして水が混入してしまうのでしょうか。

その原因は、満タンにしたガソリンが減少すると

燃料タンク内に燃料が満たされていない空間ができ

水分を含んだ空気から結露が生じるためです

その水がタンク内の底に溜まっていき

燃料タンクを錆びさせてしまいます。

それが原因で

最悪の場合は底に穴があいてガソリンが

漏れ出してしまう

燃料ラインに錆がつまりエンジンに十分な燃料が供給できず

不完全燃焼になることもあります。

そうなると安全走行に支障が出るばかりか

非常に危険ですので

できるだけ事前に対処することが大切です。

少しでも気になることがある場合は

我々にご相談ください。

点検や車検のお電話お待ちしております!!

 

 

関連記事