ダイハツ ハイゼットの異臭対応

皆さんこんにちは

今日は急に寒くなり午前中は雪も降って満開に近い桜が寒そうです.🌸🌸

今日はハイゼットの異臭対応の様子をご紹介します.

 

ダイハツ ハイゼット
型式 LE-S200V 年式 平成16年11月
走行キロ 110000キロ

お客様より走行中に異臭がするということで点検をさせていただきました.

そうまずは走行していてすぐに気づいたのはクラッチが滑っているということ..
2速からアクセルを踏んでもエンジン回転はあがりますが,前に進みにくい状態でした.

またリフトアップしてみてみるとオイル漏れもひどく
エンジンの一番上のカバー(バルブカバーと言います)からかなりのオイル漏れをしていました.

どちらもかなり状況がひどい状態でしたのでお客様の了解を得て修理をさせていただきました.

 

 

クラッチディスクが減ってくるとクラッチが滑るのと同時に,鉄粉がひどくなってきますので鉄が焼けたような異臭がすることがあります.
またオイル漏れがひどくなると漏れたオイルがマフラーなどの高温部にあたってこちらも異臭がします.

皆様も走行中異臭がした場合にはぜひご連絡ください.

関連記事