あなたのタイヤは大丈夫❓溝があってもNG❕タイヤの劣化にご用心

 

みなさん、こんにちは☀

 

すっかり暖かくなってきて

ノーマルタイヤに履き替える方も

多いのではないのでしょうか❓❓

 

みなさんのノーマルタイヤは大丈夫ですか?

 

車のタイヤにはひび割れを防ぐ「ひび割れ劣化剤」という油分が入っています

年数が経つと、それがどんどん抜けていくため、タイヤは自然と劣化していきます

輪ゴムも使いはじめは弾力性がありますが、放置しておくと硬化して伸びなくなりますよね?

ゴムは年数で劣化するんです(  ´;ω;`)

 

適性交換時期は4年前後が目安です!

みなさんのタイヤをチェックしてみましょう😲

 

その1 製造年をチェック

 

タイヤの横には世界各国共通で製造年週が刻印されています.

4桁から6桁の数字で、下2桁が製造年。その二つ前の数字が製造年週です

たとえば0914なら2014年の9週目。つまり、3月くらいのタイヤということが分かります

 

 

その2 ひび割れやキズ、亀裂をチェック

 

タイヤのサイドを見てみましょう!

しわが寄っていませんか?溝と溝の間がひび割れていませんか?

夏場、路面の温度が高くなってくるとひび割れしてきたところから亀裂となり、

運が悪いとタイヤ自体がバーストしてしまうこともあるので気をつけましょう

 

 

 

 

タイヤは「生もの」です.

大部分がゴムでできているために、使用し続けたり時間が経過するにつれて劣化していきます.

時期を見極めてきちんとタイヤ交換してあげないと、

事故につながることもありますから、注意するようにしましょう.

とくに溝がなくなってスリップサインが出ている状態は、非常に危ないです

整備不良として罰則が課せられますし、車検も通せません.

さらに雨の日はスリップしやすくなりますから、早めに交換してください

 

タイヤはどうしても劣化してしまいますが、劣化を遅らせることはできます.

ローテーションや日々のメンテナンス、または運転に気を遣うだけでも、

タイヤの寿命は長くなります

ぜひ参考にしていただき快適なカーライフをお過ごしください

 

 

関連記事